外壁塗装の基礎知識

>

定期的なメンテナンスで家が長持ちします

外壁塗装の色を選ぼう

ベージュ・グレー系のは、他の色ともなじみやすく落ち着いた印象をあたえます。
ほこりなど汚れが目立ちにくいため、半数以上の方が選んでいるようです。
茶系は、落ち着きがありシックで飽きのこない色として人気があります。
周りとも調和しやすく、木や土など自然も感じることができて温かみがありますし、汚れも目立ちません。
白は、清潔感があり植木の緑もはえ、おしゃれな印象ですし、家が大きくみえます。
しかし、かびやこけなど汚れが目立ちますので、メンテナンスが必要となります。
外壁の色は、紫外線の影響で、緑・赤・黄色などは変色がしやすくなります。
白・黒・ベージュ・ブラウン・グレーは、変色はしにくいですが、白・黒は汚れが目立ちます。
ベージュ・ブラウン・グレーは汚れも目立ちにくく色あせもしにくいため、気になる方にはおすすめです。

自分で洗浄してみる

建てたばかりの住宅が雨だれ、藻、カビなどで外壁がくすんでしまった場合、放っておくとこびりついてしまいます。
また、車の通行量が多い道路側では、排気ガスで黒ずみが生じてしまいます。
さまざまな状況下で外壁は汚れてしまうのです。
放置しておくと耐久性がおちてきますので、深部に浸透する前に洗浄を行いましょう。
ホームセンターには外壁専用のクリーニング剤が販売されていますので、柔らかいブラッシングかスポンジで洗浄してみましょう。
ケルヒャーなどの高圧洗浄機を使うのもおすすめです。
しかし、固いブラシで表面に傷をつけると劣化が進行することがあります。
また、カビやコケなどは菌がのこっているとすぐに根を広げて再発してしまいます。
汚れがひどい場合には、プロに相談してみましょう。


この記事をシェアする